言葉の行き着く先

あの日の思いを今の僕は覚えているだろうか。

水曜日のカンパネラを

水曜日のカンパネラのライブを見てきました。
一切、興味もなく、桃太郎をツイッターで少し、視聴したぐらい。
そんな感じだったのですが、
バンド長がチケットを1枚余らせていて
結局誰にも譲れず特に行く相手もいないってことでまあ僕が行くことに。

正直、自分のライブも近いし、
勉強がてらにってことで軽い気持ちで承諾。
予定あった方がハリも出るしね。

そんな経緯を経て、いざ新木場STUDIO COASTへ。
片道2時間かけて行ったんですが、
途中で乗り換え時間4分しかないのに
都営大江戸線でパスモ購入時に紙幣詰まりで券売機は停止するし
そもそも大江戸線で乗る電車間違えたり等、いろいろありましたが
何事もなく無事到着出来ました。

現地で合流して、ちょこっとしたら、
もう整理番号が呼ばれる時間だったんですけれども
なんとバンド長が持ってるチケットの番号がW53,54で
あっという間に呼ばれちゃいまして。W→A→Bの順番なので、
本当に序盤の序盤で入場。

先頭の柵に陣取ることができて満足。
始まるまで開場から開演まで長いなあと思ってたけど
バンドについて話し合ってたらあっという間だったよ。

ライブってものをそもそも見た回数は多くないけれども、
やっぱりバンドとは大きく違かったね。
強烈に魅せる演出。踊り。
始まりも凄い演出だけど、終始凝ってた。
ステージ中心にオブジェ、両脇にもオブジェ。
裏方さんも動き回ってて大変そうだった。

バンドには一見関係ないとは思われがちだけど、
PVとかライブの照明のセッティングとかで
とても参考になるライブだったなあと思う。
あと年齢層が高いからなのか、全体的に客も落ち着いてるね。
だからKOM_Iも本当に自由に移動するね。
アレがもしバンドの客だったら2階席なんかバタバタしすぎて
誰か柵から落ちると思う。笑


水曜日のカンパネラなんて今までずっと番組の名前だと思ってたぐらいだから、
本当に何も知らなくて行きの電車でとりあえずずっと聞いてたんだが
謎だよね。謎だらけ。不可解すぎる。
ハモりが気持ち良かったり感覚的な部分はわかるけど、
論理的ロジックな部分では何一つ伝わらなかった。
ライブでは、と思ったけど、謎は深まるばかりだった。


ただ、始まりの演出は水の音と心臓の音で始まり、
アンコール後のラストは曲中に観客席に交じり、
そのまま曲を歌いながら、出口で出ていきフェードアウト。
フェードアウト後は、ステージのオブジェが燃えているという演出に切り替わり、
ライトと音でその様子を表現する。
KOM_Iは何も言葉を残すことなくそのまま消えていく。
これが何を意味しているのかは分からないけど、
斬新でとても余韻の残るいろんな考え方を広がらせてくれる演出だと思った。
この演出を見て、来てよかったと思えた。

あとは、アンコール前のラストのときに、
唯一知ってた桃太郎が歌われたときはちょっと楽しかった。


まあとにかく今日は、勉強と充実。そんな1日だった。
ところで、新木場って飲食店何もないんだね。
居酒屋はあるけどさ。

でも、カレーうどんの千吉って店美味しかった。
また行きたい。
ていうか今食べたい。
スポンサーサイト
[ 2017/07/27 02:00 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

ポイボーイ課金

何を血迷ったか昨日っていうか22日の夜に、
ポイボーイに課金してしまった。
[ 2017/07/24 01:57 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

ヅーーーッと

一昨日の2徹メはクソ楽しく仕事が出来た。
明け番者と出番者で交代時に、
ミスではないけど気づかいの部分で、
切れそうな備品は予備を出しておこうと注意されて
単純に悔しくなってしまった。

いつもお世話になってる先輩で、
その人に今までいろいろ注意されてるから
完璧に引き継ぎできた!!と思ってたのに
意外と足元が甘かった。
だから悔しい。
忘れないようにするぞ!
そこまで大したことではなかったんだけどね。ほんと。


明けは、職場の寝室で1時間寝て、
新橋の赤札屋で1時間ほど飲んで、僕は途中退室。
だって津田沼でボイトレがあるから。
あるけど職場の上司に誘われちゃったからとりあえず付き合いでね。
2杯だけしか飲んでなかったけどクラクラ来てた。
総武線快速で40分ぐらい爆睡でそのまま津田沼ついたらラクになったさ。
アルコールもそこそこ抜けたと思ってたんだけど、
いざトレーニング始まるとダメね。
ボイトレを始める前の頃の発声って感じになってしまった。
酒とカラオケとかは相性最悪なのを実感。知識としては知ってたがこれほどまでとは。


今日の講師は、初めてのMNTさんだったんだけど、
この人も良い講師さんだと思いました。

スーッと擦過音で息の量の調節トレーニングを
普通行うのだけれど今日に限ってはヅーッと詰まる音で
同様のトレーニングを行いました。
この状態で強弱をつけてエンシン音のようにしてみると、
お腹の動きを感じやすい。お腹は凹ませようとは考えずにやる。

これが上手くできるようになれば、
曲中の喉への負担を減らせることができる。
本当に負荷が強くなるのは最高音ぐらいのときで
基本はお腹の支えを使った高音等を出して
消耗をしないようにして声に持久力を出す。

ウゥゥゥゥーイェイとマリオのような外国人のような声を
眉間ぐらいの辺りから出すイメージで発音し、
鼻の辺りをうまく振動させてハミングのように感じれれば
高音の発声のコツが掴めるかもしれない。
高音は基本的に眉間の辺りから出すイメージで音を出す場所を、
絞って最低限の量の息でそれを的にぶつけるイメージ。

そうすれば普段より高い音が発声しやすいはず。
音楽とはフレーズ感でありどんなに音程が正確でも、
とぎれとぎれだとうまくは聞こえない。
滑らかに音を繋げて曲線にしていくことが重要。
そのめに母音によってどこに響かせるかを意識しなくてはならない。



話は変わるが、7月21日。
リンキンパークのボーカル、チェスター・ベニントン氏の
自殺が報道されておりました。
ツイッターやら音楽業界、関係者には激震が走りました。

お悔やみ申し上げますとも、追悼の意を、とか。
言うつもりはなくて。
言えるほどファンかといえば、そうでもない気がするし。
曲だって5曲~7曲ぐらいかな知っているのは。
よりによって昔の曲のが良いとか思ってるし。

それでも、Given upで衝撃を受けたのは間違いないさ。
ギターもボーカルも最高にかっこよかった。
ギター初心者の頃に、ドロップDの楽曲なのに、
レギュラーで挑戦して変になったのを覚えてる。
なんじゃこりゃ!ってなったよ。

カラオケでシャウトを真似したくて歌ったけど、
想像以上に高くて出るわけない。
なんじゃこりゃ!ってなったよ。
両方とも6年ぐらい前の話かな。
そもそもチェスターって41歳だったのね。
30歳代前半だと思ってたよ。若いなあ。

そんでさ、昨日早番の朝に、
iphoneを見てみれば自殺の報道。
なんじゃこりゃ!ってなったよ。


次のなんじゃこりゃ!は
もう、ないと思うと、寂しくなるね。
俺もHiBのシャウトが出せるまで頑張り続けるさ。

ずーーっとね。
[ 2017/07/22 18:04 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

今更劇場版SAO見てきた

仕事の明けで、
上司に飲みに誘われたけど
懸垂してから映画を見に行くので、と言って断りました。
たまにはいいよね。

さて。
ちょっと前にSAOにドハマりしてたんだけど
ちょうど映画の公開が終わってしまった時期に熱が入ったので
映画館ではもう見れない!ちっきしょー!と思っていたのですが
これがまたなんと驚き。小山ではまだ公開していたんですね。
それもまあ21日で終わりなんですけれども。

栃木万歳!田舎万歳!
と田舎に住んでいることのありがたみを久々感じました。
小山のロブレってところなんですが、
まあ一切合切使ったこともないところなんですね。
なぜここで公開されているのを知ったかというと、
声部時代からの本当の知り合い程度の人が
ボロボロの映画館のツイートをしていてそこに僕が食いついたのがきっかけ。

ちなみにこの人、地元が近い。
というより同じ。
それはさておき、
今時昔ながらの風情ある映画館なんてないじゃないですか。
だからそんな場所へ行きたいと思いまして聞いたら、小山。
早速名前を聞いてロブレで調べたら、なんと上映中リストにSAOが!
行くしかなっちゃん!

という経緯を経て、当日に至りまして
帰宅後に4時間昼寝をしてしまい、懸垂の時間はなくて
自宅で逆立ちとかやって晩飯かきこんで急いでぶっ飛び。
だが車で35分のところを28分ぐらいに縮めるも、ロブレ使うの初めてで、
右往左往右往左往、入り口どこ?!?
ようやく分かって、一般でSAO見たけどレイトで1300円だった。
受付で渡されたのは入場券。座席指定じゃない映画とか記憶にない。
地元にあった映画館もきっとそうだったのかな。


上映時間には間に合わなかったけど、
最初の10分の告知の間には滑り込めたので全然セーフでございます。

以降、ネタバレみたいな感じになります。
まずその前に謝罪をします。
ソードアートオンライン・オーディ〇ナルスケールとかバカにしてごめんなさい。
これはSAOに興味を持つ前に、
会社の同期にSAO見ろよ映画見ようよと言われたときの僕の返し。
アナルとかいってごめんなさい。

1期と2期を踏まえた自然な流れで展開されるストーリー。
時の流れを感じさせるナーブギア、アミュスフィア、そしてオーグマーという存在。
視聴者でも自己回収できそうな数々の伏線と絶対無理な伏線を多くばら撒いて、
最終的にはすべて回収しきって歯切れのよい終わり方。
全キャラ総出動といっても過言ではないし、
なんといってもユウキの出演タイミングが最高過ぎた。
アスナと共に技を繰り出す。
記憶を失ってもユウキから
受け継いだ技、共に過ごした思い出は、アスナに残っていた。
覚えていないだけで忘れてはいない。切ねェヨ。

そんでもって、みんなが見たかった最終層。
本編ではかなりぶっ飛んで茅場が殺されちゃったから、
語られなかった残りの層を知りたいと思っていたからムネアツ。
しかもこんな熱い形で出てくるとは思わなかった。
GGO勢やALO勢の加勢のシーンはたまらないね。
ユージーン将軍は相変わらずだけど、特に、
GGO勢の弾幕が熱くて厚くてたまらない。

場所がさ、これまたズルくて、
秋葉原とか代々木公園とか恵比寿ガーデンプレイスとかでさ。
聖地巡礼行きたくなっちゃう場所たちで困ったもんだとか思ったんだけど
これをまたSAOのマップに当てはめると…ととかそういう演出好き。
あとから考えた当てつけだろうけど好きなんだ。そういう遊び心。

キリトとアスナのイチャイチャも良いね。
でも、二人がどこまで行ってるのかも気になり申す次第ではある。
シリカもキリトのバイクの後ろに乗りたがってるのも可愛いね。
スグハはリーファとして見ると凄い可愛い。
シノはシノンでもどちらでも可愛い。

話がそれてしまったね。
ユナがNo.1であるのは、
もうEijiがNo.2である時点で分かってはいたんだけど
エイジがKoBの一員で攻略組に入れなかった人間で
ユナはすでに死んでいて、それを生き返らせようと奮闘する父親。
こういう展開までは全然踏めなかった。
オーディナルとか数字云々やラテン語で云々とか、
そこまで考えて作ったのは凄い。

ユナが死亡しているのとSAOサバイバーの記憶が集められている辺りまで来たら
ユナに類似してるモノを作ろうとしているのは察せたよ。
ああ、ユナはとても良い子だったね。最初から最後まで。
父親も生き返らせようと奮闘する様がクズであり、
そして何よりも健気だと思った。結局はわが子が一番可愛いんや。
ユナ自ら自身の蘇生を阻止する、というのも、辛かっただろうね。

個人的な意見として
オーディナルスケールというサブタイトルに含まれた、
語られなかった歌姫の物語。という部分をしっかり垣間見れた気がする。
アニメを注視していけば、どこかしらに、描写があったりするのだろうか。
いや、たぶん描写はないだろうな。

攻略組のように派手なことは出来ていない。
みんなの期待を背負っているわけではない。
身近な人に、些細な元気を分けているだけ。
だから攻略組のような、本に載るような活躍ではない。
誰も覚えてはいないだろう。
でも確かにそこに、いたんだ。
生き残れなかった存在が。生きたかった存在が。
キリトやクライン、エギル、アスナ達も
一度はすれ違っていたはずであろうそんな存在。

活躍の陰に潜んだ活躍をした歌姫。
生き残れなかった存在の1人として。
SAOの出版本にも、新しい1文が添えられた。
歌姫の存在が。生き残れなかった代表として。

エイジや父親も少し報われたのではないだろうか。
失った代償はでかいが、言ってしまえば蘇生なんて元から無理な話だ。
しかし悲しみは人を狂わせる、可能不可能なんて境界を無くすまでに。

エイジがその後、どうなったのか知りたいね。
というよりもユナがどういう経緯で死亡したのか。
そこまで知れたらもっと良かった。
ミステリアスなのは茅場昌彦だけで十分さ。

EDも素晴らしかった。
でもEDのあとの演出もまた良かった。
余韻と続編の期待と、菊岡誠二郎の黒幕感。
いろいろなものを感じさせる。

菊岡君は最終的に敵な気がするのさ。


いやあ。
それにしても良い話だった。
[ 2017/07/20 01:05 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

寂しい誕生日

1徹目の明けが、誕生日だったんだけどね。
7月の14日。はい。

明けで帰ってきて、仮眠取って、
犬の散歩して懸垂してギターのコピーして終わった。
何もなく一日が終わりまして大変寂しかった。
こんなに何もない誕生日はいつぶりだろう。
当日で無くても、予定が合ったときにっていうのがあれば
それは納得できる部分ではあるんだけど
ラインやツイッターのSNSですらほぼ誰もなかった。

21歳の誕生日なんですが、寂しいね。
昔は気にも留めてなかったけどさ。
単純に祖母からプレゼントやお金を貰えるだけの日ぐらいの感覚。
今はもうそういう感覚はないし、そもそも貰える歳でもなく。
誰かと食事に行く、とかそんな些細なことでも良いから有って欲しかった。

彼女が居ないと、夏は辛いな。
と思ってしまった。耐えねば。

2徹目の明けは、津田沼でヒトカラしてボイトレしてヒトカラ。
本当は早番明けだからカラオケで寝る予定だったのだけれど、
楽しくなっちゃって我慢出来ずに歌ってしまった。

18時半ぐらいまでそれで時間潰して、
今度はバンドのリーダーとのサシ飲みがあるので
19時半に新宿に行きました。
元気回復堂というところで飲み飲みしまして、
音楽やバンドについて語りました。
本当に楽しかった。

でも、寝不足が重なりまくって、
気づいたらゲロってたね。
ラストオーダーでこれ飲んだら帰ろうとか言って外出て、
気づいたら駅でオロロロロしてた。
ごめんね、駅員さん。
バンドリーダーともほぼ初対面に近いのに迷惑かけてもうた。
楽しかったのは事実なんだが、うーむ。

本当は帰れるところまで帰って、
東横インとか泊まろうと思ってたけど
どう考えても無理だったので新宿から相原まで帰って、
その友達の学生寮に泊まりました。
相原からタクシー。
某H大の生徒なんです実は。
僕の兄もそこ出身です。とちょっとアピール。

学生寮って楽しそうだけど、
やっぱりいろいろと大変そうだなあ。
と思えるぐらいにまでは回復してたのでシャワー浴びて即寝。

俺掛布団無しだったから、マジで死ぬかと思った。
寒すぎて何度目覚めたかわからん。

いやー。
八王子というか相原の辺りいいね。
今朝は12時ぐらいから活動初めたんだけど、
駅が遠いからバイクの2ケツで駅まで行ったんだけど気持ちよかった。
バイクの2ケツも気持ちえーなー。夏って感じ。
サイゼリヤで飯も食べて、そこでまたバンドの話して。
これからに期待だ!


北千住まで帰ってきて、
そこから4年ぶりぐらいに会う友達と待ち合わせしました。
自分の曲を使って動画を作ってくれて、
それを市の映像祭に出展したとのことで
そのDVDを頂きました。

出来栄えは、まあ、あえて言いませんが、
自分の曲と声を使ってくれているので
すごくありがたいことですよね。
その子自体、良くも悪くも凄い変わってる子なので、
いろいろとぶっ飛んでますが、これからもご贔屓してくれるようなので
それにはお応えしていかねばと思います。


1公休だいぶ充実しました。
ボイトレも濃密だった。
ハードロッカーな先生だったけど理詰めがすごかった。
[ 2017/07/17 23:46 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

秋鯖

Author:秋鯖
バレーボール・ラグビー経験者。
趣味はギターや筋トレです。
安物のロードバイク所持。
団体行動は苦手な恥ずかしがり屋さん。
ネチっこいですがサバサバしてます。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
6793位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1269位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数